読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏生活×やねうららいふ

機械・電子系ガジェット・本をこよなく愛し、いろなんことをやってみたがる人の、気まま記録。

無法王女 (こんなラノベを書いてみたい)

「私と、結婚していただけませんか」







咲き初めの薔薇のように美しい少女は、非の打ち所がない優雅な所作でお辞儀をした。







「…つ、謹んでお断りしますっ」







悲鳴のように叫んだのは、彼女から『結婚を申し込まれた』 男だった。





脱兎のごとき速さで去った後ろ姿に、少女は摘まんでいたドレスを下ろした。



「あらまぁ…」



「……姫」



「なんでしょう?」



「あなたにはれっきとした婚約者がいると思うんですけどね、ここに」



「あら、忘れていませんよ?

ただ、何事も選択肢が多いほうがいいじゃないですか

ね?」



「それを、俺に同意しろって言うんですか?!」



青年は、もう何度繰り返したかわからない問答に頭を抱えた。





※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※

昨今、「平凡な主人公がモテモテな話」が多いような気がするので、逆方向にギアをむけた話を書いてみたいなぁ、と。
(子供の頃から、他人と違うことをしたがる天邪鬼でしたw)



この話(仮題 無法王女)は、

☆婚約者がいるのに、自ら婚活(笑)する王女。
☆馬術と武術も得意で、侍女たちを自分専属の遊撃隊として組織している(レッドクリフの尚香のイメージ)。
☆外観は非の打ち所がないのに、変わり者のために悉く振られる。


って、いうのをやりたいなーと。

中華風にしたいところですが、自分の知識がなさ過ぎるのでそれは無理かな。

よくて、なんちゃって洋風国取り物語ですねー。


王族の女性視点で「結婚と恋愛」を取り上げているラノベ作品といえば、小田菜摘先生の『そして花嫁は恋を知る』シリーズの印象が強いです。


しかして、自分はなにを書きたいか?

キャラクター設定をするのは好きなんだけど、肝心の『話』がまとまらないのですよねぇ…。

長編オリジナルが書けないのは、これが一番の原因です(´・_・`)。

二次創作は、オリジナルに対して『自分ならこうする』的な話作りになるので、わりと楽なんですよね(笑)。



さて、与太話にお付き合いいただきましてありがとうございました。



※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※


主人公





…尚武の国の王女。





…婚約者がいるが、常に『新しい結婚相手』 を探している変わり者。





…侍女たちを、自分の軍隊として組織し、指揮する。





(ただし正規軍ではなく、遊撃隊的な位置付け)




…本人も、馬術および武術に長ける。





…身につけているものおよび身の周りにあるものは、なんでも即席の武器にする特技あり。





(リボンで剣の軌道を変えたり、紙を特殊な形に折ることで硬化させたり、投げ付けることで目くらましにしたり)




…王位継承権第三位。




(そのため、外国に嫁がない)



























婚約者





…同盟国の王子。





…主人公の突飛な行動に、常に振り回されている。





…同盟維持のために、婿入り予定。





(ただし、将来的にも国王にはならない。彼はあくまでも、王女の配偶者扱い)



…主人公より、歳上。



…軍師としての才覚あり。











侍女たち



…馬術および槍術に長けている。



…動きやすいが、見た目には変哲がない特別製のドレスを着用している。



(主人公の服も同様)



…主人公のような、『身の回りの品を武器にする』 スキルはない。(基本的に、『戦略上の戦闘』をするための武術を身につけている)



☆主人公は、単身でどこでも乗り込んでいく&他者からの襲撃の可能性を考慮している。



☆逆に侍女たちは、『世間話の中から、情報を収集する、または拡散する』 役目を担っている。











王太子



…主人公の兄。



…妻一人、子供無し。


…病弱。



のほほん。












次兄



…主人公の次兄。



…独身。



…軍の最高責任者。



…主人公に、馬術と武術を教えた。



…無骨者。



…ライバル姫に惚れられているが、まったく気がついていない。



















師匠



…第二王子が率いる軍の軍人。



…色っぽい女性。



…主人公に体術を教えた。



…細身の片手剣を使った、電光石火の剣術が得意。



















ライバル姫



…国内の有力貴族の娘。



…年が近いため、様々な分野で主人公をライバル扱いしてくる。



…商才があるため、必要に応じて主人公からの依頼に応えることがある。



(ライバル扱いは、『個人の資質』によるもの。国益に於いては、非常に優秀な協力者)



…馬術と弓術に長ける。











☆尚武の国であり、女性の軍人は珍しくない。



上流階級の女性でも、馬術を得意とする者は多い。



ただし、実際に戦闘出来る良家の子女は稀。











☆王位継承権

…男女関係なく、産まれた順。

…そのため、王女が他国に嫁ぐことはまずない。





現王

…兄妹の母。

…最初の旦那は病弱だったため、早世した。

…現在は、二人目の旦那(次兄と主人公の父親)


…自分の体験を元に、結婚相手はよく見極めるように子供たちに言い含めている。













































※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※ = ※