読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏生活×やねうららいふ

機械・電子系ガジェット・本をこよなく愛し、いろなんことをやってみたがる人の、気まま記録。

過去の診断を掘り出した(笑)。

戯れ言。


いくつか、診断ものをやってみました。



ランチde意識診断

あなたは…
「思い立ったが吉日」型

”あなたの昼めし、拝見いたしました。他人と同じ行動を嫌い、自らの衝動のおもむくままにこころの快楽を求めるあなたは「いま」という時間軸で自分が生きている喜びを得るのが好きです。変わり者?と呼ばれようとちっとも平気。むしろ自分への賞賛と受け取るあなたです。”



能力診断

「右脳左脳診断」
”あなたは左脳へ極端に偏っています。


あなたは極端な左脳偏重タイプで理性が非常に優れた人です。
これまでも社会が求めてきた人材で、効率や生産性や経済性を追求する社会で生き抜く資質に富んでいます。
でも、ちょっと理屈っぽいと人に言われたことはありませんか?


あなたの強い左脳を生かすためには、あなたの論理性や分析力を駆使して責任を果たしていくことです。
そのためには予測不可能なことにも果敢に挑戦していく姿勢を保つことが大切です。
右脳を決して軽視しないことも大事です。


あなたの良きパートナーはあなたに欠ける能力を補填してくれる右脳優先タイプの人でしょうが、パートナーに依存し過ぎず、自分の右脳も勇気を持って開発に努めましょう。
そうすることで左脳にも良い影響が期待できます。”



「インテリジェンス診断」

強くて得意で従っていつも多用しているインテリジェンスと、それとは全く逆のインテリジェンスが極端な偏在を示しています。
他人を圧倒するほどに強烈な個性の持ち主です。


他人との付き合いでは、強い個性がぶつかり合い火花を散らします。
建設的な方向を目指すには、あなたの個性を知り他人の個性も認めることが大切です。


高得点のインテリジェンスについてはあなたの強味ですから、今後ともどんどん活用しましょう。 特に意識しなくても経験を重ねることで伸び続けるインテリジェンスというます。


一方、低得点のインテリジェンスは相当に意識しないと使用頻度は低くなり伸びにくい傾向にあります。 該当するインテリジェンスを今後意識して開発すれば新しい自分を創りだせたり、これまでには生まれなかった発想を得ることができます。
「目から鱗が落ちる」現象が最も期待できるのがあなたです

※ちなみに、「論理・数学」「言 語 」がもっとも高く、次に「内省」が高かったです。
 (一番低かったのは「音楽」)






 …なんか、変わり者だとか、個性的だとか、随分な言われようなんですが。
 そして、否定できないあたりが、もっとイヤなんですが(汗)。




Blog常用する前、CGIの日記で書いていたものを再掲しました。
元記事→
2006年6月14日(水) No.1766