読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏生活×やねうららいふ

機械・電子系ガジェット・本をこよなく愛し、いろなんことをやってみたがる人の、気まま記録。

塩豚&塩豚バラ薄切り肉&塩手羽中 仕込ました!

レシピ )手抜き&有り合わせ
塩豚&豚バラ薄切り肉の作り方は、オレンジページ2011-12/17号を元にしてます。



豚肉ブロック。
早くても、塩漬けしてから一日は置かないといけないらしい。
塩は、肉の重量の2%です。
塩を塗したらラップできっちりとくるみ、冷蔵庫へ。










豚バラ薄切り肉は、ラップの上に重ならないように一枚ずつ広げて片面に塩を塗し、その上に再度ラップを広げて同じ作業の繰り返し。
四層くらいになるかな?
最後に上からラップをかけて、全体を包んで終了。
こっちは、一時間後くらいで食べられるらしい。








手羽中は、袋の中に手羽中と塩(重量の2%)とを入れて揉みます。
全体に行き渡ったら、空気を抜いて袋をぴっちり閉じます。
一時間くらいでOKと書いてあるけど、半日くらい寝かせたほうがいいんじゃないかな?
以前、中華粥に入れたら、鶏ガラの素が不要なくらいのダシが出たよ( ´ ▽ ` )ノ
☆レシピ☆
プチシリコン鍋→塩手羽中を使った簡単中華粥










今回は作らなかったけど、ささみも塩漬け出来ます。
作り方は手羽中と同じ。
(白い部分は、塩漬けする前に取り除きます)





塩漬けした肉(鶏含む)は、冷蔵庫だと三日前後、冷凍庫だと一ヶ月くらい保存出来るそうです。


個人的な感想としては、大きいもの(豚ブロックとか)より、薄切り肉や手羽中などのほうが一人暮らしには向いてる気がします。

使う際にも、ちょっとずつを取り出しやすいし。

また、ブロック肉より、薄切り肉や手羽中などのほうが、肉の部分が薄いからか漬けておく時間が短いのも魅力的です。




閑話休題
豚ブロックの塩漬けは、パンチェッタも作ったことがありますが…。
あれは、あまりオススメしない(笑)。
よほど食にこだわりがある人じゃなければ、今は市販品もありますしねf^_^;)
そっちで十分……。
手作りしようとすると、なかなか面倒です。

今回の塩豚なら、漬けるのは一日程度で済むので楽ですよ。
(パンチェッタは一週間くらいかかるので。塩の消費量も凄まじいし)